五味太郎さんが好き

絵本作家の五味太郎さんが好きです。

ぜひこの記事を読んで下さい。

ちょっと長いですが非常にオモシロいです。

五味太郎語録

・「勉強」ってさ、「無理にでも努力して励むこと」っていう意味だって知ってた?

・生きているっていうのは不安定、不安心でしょ。これがエンジョイできなくてどうするのよ。

・子供の本業は「見ること」。見ることだけだと言っていいと思う。

 

大江塾では受験勉強をやりません。できません。

ただ子供と一緒に遊んだり学んだりはできます。

 

子供たちの好きなこと、知りたいこと、恥ずかしくて学校で聞けないことを一緒に勉強したい。

五味先生は「勉強」と「学習」を区別して語っておられますけど、言葉なんかどっちでもいいです。

大江塾が使う「勉強」という言葉は五味先生の「学習」と同じ意味であります。

 

大江で塾は「いい大学に進学すること」を目標としません。

 

「アホで前向きなチャレンジャー」

とか

「寝る間を惜しんで好きなことに没頭する子」

を育てたいです。

 

育てたいと言っちゃうと五味先生に叱られます。

なのでそういう子供らしさを全力で見守りたいと言い換えます。

あ、「全力で」もダメでした。

ちょっとうまい蕎麦屋を教える感じで、子供たちにちょっとうまい人生を教えてあげたいって感じです。

以上です。ありがとうございました。
トップページに戻る

-余談

© 2020 大江塾~京都市北区の学習塾 Powered by AFFINGER5